子宮

postheadericon 症状を軽減

女性の為の漢方薬
東洋医学では女性の血行をよくする漢方を服用することで、子宮内膜症の辛さを軽減させる治療法もあります。
産婦人科で処方してもらい、自分にあった漢方薬を見つけていきましょう。
漢方は不思議と人によって合う合わないがあります。
一人ずつの体質によって、効果の出方がちがってくるので、しばらく飲み続けながら症状の改善具合をみて、本当にこの漢方が自分に適しているかどうかの判定を、産婦人科の医師にうけるようにしましょう。

辛い症状
子宮内膜症は、毎月来る生理の前後などに腰がとても痛くなりますので、多くの女性は、痛みを軽減させる為に即効性のある鎮痛剤を用いたりしています。
仕事や学校に通常通り出るには、そうした手段が必要になるからです。
こうした病気の時に薬を飲むことを我慢して苦しむのは、誰にとっても本当につらいことではないでしょうか。
無理をしないで、痛みを軽減させる方法を取りながら、主治医と治療の方針を話し合い進めていくことが理想的ですね。

医師

postheadericon 治療法と療法

漢方療法
子宮内膜症の治療に、薬物治療や手術療法に漢方薬を併用する産婦人科もあります。
子宮内膜症における漢方療法の役割は様々あります。
病状そのものを改善するため使用したり、偽妊娠療法や偽閉経療法などに伴う副作用を軽減するためなどでも使用します。
また、病気の再発率を下げるためや、治療後の妊娠率を高めるためにも使用したりします。
使用する漢方の種類としては、活血化剤、理気剤、利水剤、免疫賦活作用のあるものをそれぞれの症状に合わせて処方します。

女性の子宮
女性は男性にはない子宮を持っていて、子宮の中で子供を宿します。
しかし、現代の様々なストレスや食生活から、子宮内膜症という女性特有の病気が増えています。
子宮内の内膜が生理を迎える度に分厚くなっていき、妊娠が難しくなります。
産婦人科では生理を一時的に止めるホルモン療法などの治療法もありますが、頭痛や吐き気・めまいといった副作用を起こす場合もあり、女性の身体には厳しい状態にもなりえます。
治療には西洋医学だけでなく、東洋医学の産婦人科治療もあります。

下腹部

postheadericon 痛みを抑える

子宮内膜症とは
子宮内膜症とは、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、卵巣や腹膜など子宮以外の場所で増殖、剥離を繰り返す病気です。
子宮の内側から剥がれた内膜は、月経血と一緒に膣から体外へと流れていきます。
しかし、子宮以外で増殖した子宮内膜は腹腔内にとどまり、炎症や癒着などの原因となります。
症状には個人差があり、ほとんど症状がない場合もあれば、耐え難い痛みが発症する場合もあります。
進行すると不妊症になることもあります。

様々な治療法
子宮内膜症の治療法は様々あります。
ピルを使用した偽妊娠療法や、偽閉経療法などがあります。
偽妊娠療法では、経口避妊薬を服用することで妊娠に近い状態を作り出し、月経痛などの症状を抑える効果があります。
偽閉経療法は、性腺刺激ホルモンの分泌を抑える薬を服用し、閉経時に近い状態を作り病巣を小さくする療法です。
また、腹腔鏡手術などによって病巣を切除する手術療法もあります。
軽い症状であれば、鎮痛剤や漢方薬などで痛みを抑える療法をとります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031